11/27ライブトーク ふたつの「あの日」が揺らしたものin神戸サイト

このページを印刷 このページを印刷

トップページ

11月27日(日)午後に、ジャーナリストの池上正樹氏を神戸にお招きして、『ライブトーク ふたつの「あの日」が揺らしたもの‐大震災が問うひきこもり問題‐at神戸』を開催します。終了しました。
大震災を経験した神戸で、不登校やひきこもり者にとっての東日本大震災を考えます。
ボランティアスタッフ、参加者を募集中です。

11/27ライブトーク・チラシチラシダウンロード(PDF形式 240KB)

『ライブトーク ふたつの「あの日」が揺らしたもの‐大震災が問うひきこもり問題‐at神戸』

昨年度に内閣府は、社会との関係を制限して生活するひきこもり者が全国で推計70万人いると発表、高齢化と長期化が指摘されています。
3/11に東日本を襲った大震災の中、ひきこもり者たちはどう行動したのか?
家族と共に流された者、震災がきっかけに外へ出た者、逆にひきこもった者、それぞれの行動。
そして95年に起こった阪神・淡路大震災ではどうだったのか?2つの大震災の共通点と違いは?
長引く不況と広がる不安の中で、我々が進む道は?本当の意味での支援とは?
東北と近畿でひきこもり問題などに取り組んできた方々からお話しをうかがい、ひきこもり当事者や家族、市民の方々と共に考えます。

日時:2011年11月27日(日)13:30~16:30(13:00開場)
場所:こうべまちづくり会館(神戸市中央区元町通4-2-14)2Fホール

こうべまちづくり会館・外観 こうべまちづくり会館・ホール

大きな地図で見る

入場料:1,000円(経費を除いた収益はNPO法人フェアトレード東北へ全額寄付いたします)
定員:80名(残り61席・11/26現在)

懇親会:被災地NGO恊働センター農招自立大学「居酒屋ひとりぼっち!」で開催します(詳しくは懇親会ページをご覧ください)。

寄付:サイトや当日会場で受け付けます。

プログラム
1部「それぞれの現場からのレポート」ジャーナリストや支援者の報告
メディア:池上 正樹 さん(ジャーナリスト)
支援者:布施 龍一さん(NPO法人 フェアトレード東北 代表)
田辺 克之さん(神戸フリースクール 代表)
上山 和樹さん(フリー)
おーまきちまきさん(うたうたい※変更になりました) 他
2部「サークルごとのクロストーク」グループに分かれてのディスカッション
3部「全体でのクロストーク」問題の共有
ファシリテーター:加藤 順子さん(フォトジャーナリスト)

お申し込み・お問い合わせ:申込者を優先します(当日参加も可能です)。
専用ページ:http://shinsai.global-ships.net/contact/

主催:NPO法人グローバル・シップスこうべ&ひきこもりたちの東日本大震災実行委員会
後援:兵庫県公益財団法人 兵庫県青少年本部NPO法人神戸オレンジの会、ふくろうの会、NPO法人情報センターISIS(イシス)神戸 他

プレスリリースはこちらからダウンロード可能です。
11/27震災トーク・プレスリリース(Press.pdf:168KB)

Copyright © 2011 NPO法人グローバル・シップスこうべ & ひきこもりたちの東日本大震災実行委員会. All rights reserved.